森でのプログラム

森でのプログラム
森林メディカルトレーナーと森に入りより効果的にすごしましょう。

丹田式深呼吸(たんでんしき) この呼吸法は全身に酸素をいっぱいに取り入れ細胞を活性化させると同時に、平常心を生み出すセロトニン神経を活発化させます。ぜひ習慣としてお持ち帰り下さい。
爪もみ療法 福田-安保理論による爪もみ療法を採用しています。人の爪の根元にある自律神経のツボを症状によって、黒文字の小枝などで刺激しましょう。足も同様です。こちらも習慣としてお持ち帰り下さい。
植物療法 薬草・ハーブ・アロマなどの植物からの恵み、地物の野菜やソバなどの身体に良い特産物に山菜・キノコなど、森や自然の恵みをあらゆる場面で活用していきます。例えば虫除けにはアロマを使い、虫刺されには薬草を用います。
水療法 自然の良い水に足をつけた後、裸足で草や岩の上を歩いて大地の温かさを肌で直接感じてみましょう。特に信濃町の水はすばらしい天然水が多く、朝晩コップ一杯の水を始め、体に良い水をたくさんとる習慣をつけることはデトックス(解毒作用)効果にもなります。
調和療法 森の中で「木のポーズ」「木の葉の舞うポーズ」などのヨガ的な運動や森での遊び、呼吸法、正しい歩き方などで心身の調和を図りましょう。トレーナーはそれぞれ得意な呼吸法の分野をもっており、ヨガ・気功・弓・武道や自立訓練法まで幅広く取り入れています。
森でのカウンセリング 自然の良水を始め、体に良い水をたくさんとる習慣をつけることはデトックス(解毒作用)効果にもなります当プログラムの総監修者でもあり、森林療法の第一人者でもあります信濃町専属カウンセラーの「*上原巌先生」が中心となって、希望者に心落ち着く森の中でカウンセリングを行います。産業カウンセラー、コーチング指導者などご希望にあわせてご指名ください。

上原巌(うえはらいわお)… (東京農業大学地域環境科学部森林総合科学科助教授、森林療法研究会代表)日本の森林療法第一人者。林学、森林科学、生物環境学を修めた農学博士。森林メディカルトレーナー養成講座の講師として信濃町に係り、2005年10月癒しの森事業の顧問に就任。著書に「森林療法序説」「森林療法のすすめ」など。
自然観察療法 森を自然観察のプロと歩き、植物についての説明を受けたりすることは独特の癒しにつながります。また、お花の好きな方が季節の花の群落に出会うことは、抜群の免疫力アップにつながります。星空観察、ホタル鑑賞も心身が癒されます。
ノルディックウォーキング 信濃町では心拍数などにもトレーナーが気を使いながら、森を歩く効果を運動領域に高めます。特にバランスアップや、坂道での安全も考え*ノルディックウォーキングをお勧めしています。

*ノルディックウォーキングとは・・・・・ストックを2本使うことによりバランスが良くなるとともに全身運動となり消費カロリーが120~150%アップ します。ひとときの会では国際の公認指導員を始め現在約30名の指導者がいます。
夜の森へ 夜の森は、夏でも冬でも神秘や闇の世界、月明りの世界などを楽しませてくれます。樹によっては夜の方がフィトン チッドをいっぱい出していて、心と身体にもとても良いのです。ぜひトレーナーとオプションでいかがですか。