自然の中でのプログラム

自然の中でのプログラム
癒しの森の宿でも様々な療法を楽しんでみましょう。

ライフスタイルウォーキング 空気のきれいな時間帯の「朝晩の散歩」の習慣。なかなか難しいものですがお気に入りの小径や浅い森や公園にちょっと出かける習慣は持っていたいものです。メタボリックシンドロームや心の健康にとても有効な療法ですから、癒しの森の宿に泊まってぜひ習慣をつけてしまいましょう。
体験療法 自分の香りを見つけて木や葉からオイルにする体験、心を沈め集中力を高める陶芸・サンドプラスト・自分の笛作り体験。そしてルチンいっぱいのソバ打ち体験など数多くのメニューが用意されています。オプションメニューとしてどうぞ。
作業療法 森の中で木を伐ってみる。マキを作ってみる。やぶ刈りをしてみる。力を合わせて木を運ぶ。払った枝をチップにして敷き詰める。などの作業をして汗を流す体験メニューもそろえております。
芳香療法 癒しの森の宿では「芳香蒸気浴」というアロマセラピーのもっとも効果的な療法を行います。またエッセンシャルオイルを用いたお部屋やお風呂での芳香もご希望により行っています。 信濃町独自の「和の香り」のエッセンシャルオイルの抽出も始まりました。
足浴療法 エッセンシャルオイル・薬草・ハーブを使った足浴や手首浴は、アレルギーの心配もなくお年寄りの方からお子様まで効果の高い安心な療法です。お好みでどうぞお試しください。
アロマセラピートリートメント 特に一日森を歩いた後のふくらはぎの揉みほぐしなどは効果があります。第二の心臓といわれるふくらはぎを揉みほぐすことにより、足の先まで血流が良くなり酸素もたっぷり送られ、翌日も元気に歩くことができます。オプションとなりますが、アロマセラピートリートメントもお試しください。
歴史文化療法 信濃町は昔から人を癒してきた歴史があります。中勘助やいわさきちひろさん達が住み、数多くの作品をこの地で残しています。 柏原は三大俳人の一人「小林一茶」が生まれ亡くなった地でもあり、100を超す句碑や菩提寺が残り、一茶ふるさと案内人の方達やご住職がご案内してくれます。太古のロマンあふれるナウマンゾウが闊歩していた野尻湖は、「のじりぼだいじゅ」という珍しい樹が育つ静かな弁天島に遊覧船で渡ることができます。信濃町は歴史や文化を感じさせる遺跡が多く、どこを歩いても心を落ち着かせてくれます。
食事療法 良質の水に、黒土と霧下という独特の気候で育つ信濃町産の米に野菜に山菜。そしてできる限り採りたての状態で地物の食材を使用するため、癒しの森の宿の料理はとても体に優しいのです。生活習慣病対策としてカロリーを抑えながら「見た目に豪華」な料理やお弁当も開発されています。
その他「音楽療法・温泉療法・など」 このほかにもいくつかの療法を、森林療法研究会信濃町支部(ひとときの会)では絶えず研究を進めています。